J-SHINEの資格を取得して小学校英語指導者を目指すサイト

J-SHINE(小学校英語指導者認定)の資格取得を目指し、学校やその他の教育機関で英語を教える仕事に就くための情報をまとめたサイトです。私がアルクの通信講座で実際に資格取得を目指した話や就職活動、英語指導者を育成する登録団体や委員会、協議会、法人などについての基本解説などをしています。

J-SHINEの基礎知識

J-SHINEとは?小学校英語指導者認定協議会や資格を詳しく解説!

投稿日:

J-SHINEとは

J-SHINEという言葉を聞いたことがありますか?

J-SHINEとは「Japan Shogakko Instructors of English」の略。

日本の小学校での英語普及や発展を目指すために設立された特定非営利活動法人(NPO法人)「小学校英語指導者認定協議会」のことです。

桃花
J-SHINEを正式名称にすると、「小学校英語指導者資格」と言います

J-SHINEから認定された資格を持っていると、教員免許を持っていなくても小学校で英語の先生ができたり英会話スクールでの教師採用で有利になったりします。

当記事では、

  • J-SHINEの資格を持っていると何がいいの?
  • 人気な資格なの?
  • どうやったら資格を取れるの?

などを詳しく解説していますので、J-SHINEのことがとてもよくわかります!

気になる方は、是非お読みください。

J-SHINEとは

J-SHINE資格

桃花
初めまして!小学校英語指導者の資格を得ました「SAYURI」です。J-SHINEについてどこよりも分かりやすい情報をお届けしようと、当サイトを作りました!

J-SHINEとローマ字表記になっていると、ちょっと実態がわかりにくいのですが、一言で言うと小学生などの児童に英語を教えることができる資格です。

その人数は

2018年6月現在、約40,000人もの有資格者がいます。

参考:小学校英語指導者認定協議会

J-SHINEは民間主導のNPO法人(小学校英語指導者認定協議会)によって作られた資格なので国家資格ではありません。

J-SHINEができた一番の背景は、2020年から小学校外国語(英語)が正式な教科として導入されること。

小学校における英語教育のあり方について議論を重ねる「特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会」が設立され、その後、英語指導者の育成に力を入れるようになり、指導者資格が生まれました。

教員免許とはまた違うよ

J-SHINEの資格を有した指導者が、小学生への英語教育に携わることによって、日本の英語教育の発展に貢献していくことを目指しています。

団体概要

  • 団体名:特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会
  • 所在地:〒105-0003 東京都港区西新橋 1-20-10  西新橋エクセルビル4F
  • 設立:2003年 9月
  • 会長:吉田 研作(上智大学言語教育研究センター長)
  • お問い合わせ先 (受付:土日祝日、年末年始を除く 10:00-16:00)
    電話:03-6686-9284 FAX:03-6858-3827 E-mail: support@j-shine.org

J-SHINEを持っているメリット

J-SHINEの良い点メリットは大きく3つあります。

1つは、J-SHINEで資格を取得すると、J-SHINEのWEBページに登録されること。

そのWEBページを介して、小学校や教育委員会が指導者を探して仕事が依頼されるようになっています。

桃花
英語を教えたい人と、教えてほしい機関がJ-SHINEのWEBページを介してマッチングするんですね!

また、2つ目のメリットは、小学校での先生ではなくても、児童英語塾や英会話スクールでの教師採用に有利になることが多いこと。

J-SHINEの資格がない人と、ある人が同時に応募した場合、J-SHINEのある人が優先されることがあります。

そして、意外な3つ目のメリット。

それは、J-SHINEの資格取得の勉強をすることによって、自分自身の英語スキルも上がること。

桃花
英語を教える資格を取ろう!って思うと、より勉強にも身が入りました

J-SHINEの資格内訳

J-SHINEについてJ-SHINEの資格は、大きく6つに分かれています。

まずは誰もが「小学校英語認定指導者資格」からスタート。

この資格は、J-SHINE の認定を受けた登録団体が主催する「指導者養成講座」を修了したのち、その団体から推薦を受けて認定を受けると資格を取ることができます。

英語の指導歴、経験は問われません

J-SHINE資格一覧参考:小学校英語指導者認定協議会

そして、「 小学校英語準認定指導者資格」を得たのち、指導時間50時間を超えると資格が昇格!

桃花
「準」が外れ、「 小学校英語認定指導者資格」を得ることができます

ちなみに、この「指導時間50時間」ですが、小学校での指導経験は無くても大丈夫。

地元の英会話スクールや塾、公民館や家庭教師などでもOKです!

さらには、20時間以内であれば「小学校での授業見学」も指導時間に含めることができます。

桃花
家庭教師、見学だけ、も含まれるなら何とかなりそう!って私も思いました

最上級資格は「小学校英語指導者育成トレーナー」となります。

子供に英語を教える仕事がしたいなら、近道は「J-SHINE」

小学校英語指導者資格

J-SHINEを取らなくても、子供に英語を教える仕事に就くことは可能です。

例えば、各英会話スクールの雇用条件にマッチするなら応募することもできますし、家庭教師だけなら更にハードルは下がりますしね

「児童英語インストラクター」という資格もあります。

しかし、アルバイト感覚だけでなく、収入の柱にしたい方や、より良い雇用条件でも教師採用を目指すなら、J-SHINEの資格を取ることがおすすめです。

民間団体が主催しているとはいえ、内閣府から認定をされた資格ですし、既に資格保有者が4万人以上いるという認知度からも、J-SHINEがおすすめです。

J-SHINEの資格を取る方法

では、どうしたらJ-SHINE資格が取れるのでしょうか。

J-SHINE資格を取るまでの流れ

  1. 小学校英語指導者認定協議会に登録された団体にて、指導者養成講座を受講し、修了する
  2. 登録団体の推薦を受ける
  3. 認定を受ける

ここまでで、J-SHINEの最初のステップである「小学校英語認定指導者資格」を得ることができます!

資格取得のためのおすすめ団体・講座

小学校英語指導者の資格を勉強する講座は、主に

  • 通学タイプ
  • 通信講座

の2パターンがあります。

通学タイプは、資格取得までに約15万~40万円程度、

通信講座タイプは、資格取得までに13万~15万円程度

が目安の費用です。

一定期間集中して講座終了を目指すなら通学タイプがおすすめですが、今の生活スタイルを保ちながら費用も抑えて講座を修了するなら通信講座がおすすめです。

-J-SHINEの基礎知識

Copyright© J-SHINEの資格を取得して小学校英語指導者を目指すサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.